投稿する

青梅市のおすすめグルメの口コミ/ランキング

617 メニュー

こちらは青梅市のおすすめメニューランキングページです。

617件のメニューの中から、食べたい一品を見つけよう!

新着投稿一覧

  • 氷小豆

    いつぞやの。 青梅市で美味しいラーメンを食べるまで時間があったので 甘味処でかき氷を食べることにしました。 お店の名前は紅梅苑。 お店の横に専用駐車場があるのでそちらに止めて訪問。 古民家を活用しているようで 雰囲気はいいお店ですなー。 入口に看板があったけど青梅スイーツってのが人気みたい。 そちらも気になったけど今回は氷小豆を注文。 しばらくたって提供されたのがこちら。 おー、氷の色合いも小豆っぽい。 シロップがたっぷりかけられてるようやね。 実際に食べてみると氷はふわっとした削り方でいい感じ。 上にのった小豆は甘すぎずちょうどいい甘さです。 さすが老舗の甘味処でしょうか♪ 頭が痛くなることもなく瞬殺で食べ終わりました。 これはお汁粉とか最中も食べてみたいところやったなー。 また近場に来たら訪問してみたいと思います。 #かき氷

  • FeeLつけ麺(醤油味)

    この日はずっと気になってていきたかったラーメン屋に訪問しました。 お店の名前はRamen Feel。 飯田商店出身のお店でオープン時から大行列になってると聞いたお店。 早い目について整理券をもらう必要があるとの事で早い目に訪問しました。 整理券をもらうと11時30分で入れるとの事。 他で時間をつぶしてからお店へ。 店内はカウンターとテーブル席で20席くらいかな。 私はカウンターに案内されました。 今回はFeelつけ麺、出汁卵+かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添えを注文。 卓上に食べ方のPOPなどがあるのでそれを読みながら待ってると提供されました。 おー、出汁卵ってのは別皿で最初から提供なんやね。 2種類の麺と鴨肉が一緒にの皿に入ってます。 まずは黒い麺はそのまま食べてくださいとの事ですすってみます。 こちらは小麦の外麦も使用されてるらしく風味がいいとのこと。 確かにすすり心地もよくてふわっと香るように思います。 白い麺は塩をつけてくださいとの事ですが、 こちらはちょろっとつけた塩が小麦の甘さを引き出してきて美味い。 これそのままもっと食べたいかも。 つけ汁はしっかりと醤油が感じられて薄さはなくって 鶏の旨味も十分だと思います。 麺だけで美味しいと思ってたけどこちらのほうが美味いっす。 出汁卵を途中で溶いて白い麺に絡めてつけ汁にくぐらせると まろやかな味わいが加わってこれまた美味いなー。 出汁を加えてつけ汁を最後まで瞬殺でいただきました。 他のラーメンも気になるけど、 次もまたつけ麺頼んでしまうかな~って感じです。 #つけ麺

  • くるみそば

    東京にある大自然を満喫しに標高929mの御岳山へ。頂上には武蔵御嶽神社が鎮座し、古くから山岳信仰の霊場として発展してきた歴史があります。 山頂近くの小さな商店街に蕎麦屋があります。まさに山小屋というべき木の温もりのある店内で落ち着きます。 名物という「くるみそば」は、つけ汁はザラつきもなく、想像したほど濃厚過ぎずにクリーミー。出汁とのバランスもよく、これはクセになる美味しさ。 水が美味しいからか、自家製粉手打ちのそばもとても美味しいです。 このつけ汁で割った蕎麦湯も味わい深いです。 大自然から癒しとパワーをもらいました。 #そば#くるみ

  • ケーキセット

    9月下旬でも気温30度超えの真夏日。青梅駅からほど近く、小説「夏への扉」と同じ店名の古民家カフェ。 足を踏み入れた瞬間に過去へタイムトリップしてしまったかのような昭和レトロな雰囲気の店内。映画のセットのようです。 白い木製の窓枠の扉が開け放たれた最奥コーナーのテーブル席で爽やかなそよ風を感じながら、手作りくるみのタルトとアイスコーヒーをのんびりと。 甘さ控えめのビターチョコの中にたっぷりのくるみ。素朴な味がほろ苦アイスコーヒーともいい感じです。 すぐ下に線路があり、時折聞こえる電車の音も心地よいBGMです。 #ケーキ #スイーツ#アイスコーヒー

  • 醤油らぁ麺

    せっかくの早朝からの遠征訪問なので、つけ麺に続いて連食。 待っている間、調理風景を眺めます。 丼にレードルで醤油ダレを注いだ後、透明で琥珀色に輝く美しいスープを加えています。そして鶏油を一回り。フレンチのようなコック服を着て真剣な表情で顔を近づけながら、レードルとともに情熱も注いでいるのが伝わってきます。 鶏油煌めく醤油色のスープには、春菊と三つ葉の緑色が飾られ、何とも上品で洗練された麺顔。 一口飲んで、ブレンドされた醤油の薫り高さ、コク深さを感じ、雑味のない上質な鶏の出汁が多重奏のように押し寄せ、純度の高さに驚きます。 麺は、しっかり茹で上げた柔らか麺。滑らかな食感と小麦の風味がいいですね。ただ、つけ麺を食べた後だけに余計に柔らかく感じてしまいましたが。 豚肩ロース、豚バラ、鴨の3種のチャーシューはいずれも柔らかで、それぞれの食感とスープを邪魔しない旨味を感じられます。 また苦味のある春菊も、このスープの邪魔にはならず、むしろ程よい苦味がスープの滋味を引き立たせているから不思議です。 スープも麺も、店主さんの出身元の飯田商店に似ています。 斜め上を行く一杯で、麺は好みは分かれるところだと思いますが、素材と調理法にとことんこだわった最先端の淡麗醤油ラーメンを味わうことができました。 #ラーメン #醤油ラーメン

  • エビワンタン

    醤油ラーメンとは別皿でエビワンタン。 殻ごとミキサーにかけているのか、想像したよりかなりエビエビ感が強いです。でもざらつきはなく、プリプリして旨いです。 #わんたん#海老ワンタン #エビワンタン

  • 炙り肩ロース焼き豚

    サイドメニューの炙り肩ロース焼き豚。 ラーメン、つけ麺にデフォで入っているチャーシューとは異なる調理法とのこと。 肉厚は1センチ近くあり、タレに浸して香ばしく炙られています。中華街でよくある赤チャーシューのような味わいで美味しいです。 #チャーシュー #焼豚

  • いくら丼

    こちらはイクラ丼。 綺麗な色合いのイクラがご飯の上にたっぷり。 400円という価格を考えるとかなりお手頃だと思います。 食べてみるとプチっと中から旨味が出てきてご飯が進む進む。 #いくら丼 #丼もの #いくら

3.6
サーモンとイクラと生のりと山葵の和えそば(きくや (喜九家))
ランチ
今日11:30~14:30
小作駅から1.91km
東京都青梅市今寺5-18-49

レビュー一覧(1)

  • kazutan0264
    kazutan0264

    久しぶりの本店詣で。同店の人気メニューのひとつである「サーモンとイクラと生のりと山葵の和えそば」を注文。ひと口啜った瞬間、味覚中枢をドカンと貫くうま味の束矢。うわあ!凄まじく美味い!!「まぜそば」という食べ物の究極の形のひとつだわ、これは。去年『イチバノナカ』の中で戴いた時よりスープのうま味の厚みが更に増幅され、箸を持つ手がどうにも止められない。ほんの3分弱で完食してしまった。#ラーメン

3.6
FeeLつけ麺(醤油味)(Ramen FeeL)
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(4)

  • tsurumi
    tsurumi

    飯田商店で研鑽を積んだ店主が紡ぐ極上の一杯が話題沸騰の同店。6月某日、つけ麺もリリースされました。小麦の香り高い麺は、日本蕎麦で言う田舎蕎麦的な黒っぽい細麺と更科的な白っぽい平打ち麺の2種類。そのまま啜っても、塩を少し付けて楽しんでもガンガンいけちゃうほど旨い麺です。つけ汁は麺を活かす控え目タイプと思いきや、醤油のパンチ力、脂の訴求力が強くあるもの。麺との主張合戦ですな、これは。写真にある生卵は「出汁卵」で追加注文アイテム(100円)。地元農家産の卵を濃厚な鰹昆布水に付けたもので、平打ち麺と絡ませると相性良し。極めつけの具材は、らぁ麺にも使われてるイベリコ豚。旨すぎでしょ。とろける脂身、最高です。

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円 美味い。この時はスープ割りが無かったのでお冷で割ってさっぱりと完飲。 #つけ麺 #ラーメン

  • great_beet_vp8
    great_beet_vp8

    湯河原の「飯田商店」のお弟子さんが独立して青梅市内の山沿いののどかな場所で今年開店した話題の店に初訪問。 たいていの都民にとっては、湯河原ほどではないにしてもアクセスと早朝7時からの整理券制はかなりのハードルの高さ。。。 行くと決めたからには、早起きして気合いを入れていざお祭りに参加です。 午前8時に整理券を無事に受け取り、11時50分の席を確保。近隣にはカフェもなく、4時間近くもの空き時間を周辺の多摩川散策などで過ごして再訪問。幸い天気が良くてよかったです。 気の温もりのある柔らかい雰囲気の店内にて、つけ麺、出汁卵、炙り肩ロース焼き豚を注文。 厨房ではコック服を着た店主さんと助手さんが、声を掛け合いながらキビキビと調理をしています。 自然と期待が高まります。 いざ配膳。もはやアートのような輝き。 小麦粒外側を使用した黒い麺と小麦粒のど真ん中を使用した白い麺の2種類の麺。黒い麺はややマットで香り高くまるで蕎麦を食べているようで、白い麺は滑らかで甘みを感じます。ローストした鴨肉が添えられています。 つけ汁は圧巻。鶏の出汁に、薄切りの柔らか豚チャーシューが入っていて旨味が加わっています。雑味が全くなく上質な旨味だけを抽出しているような。 出汁卵を溶いて白い麺と和えてからつけ汁にくぐらせるとまろやかに味変。 すべてにおいて研ぎ澄まされており、つけ麺というカテゴリーに収まらず、付加価値をより高めた小麦を楽しむ料理とも呼べる、食べた人を新たな世界へ導くスペシャルな逸品。さすが飯田商店ブランド。 ただ、結局早朝から半日以上一日がかりのイベントとなり、立地的にも、システム的にも、クオリティ的にも、現状では良くも悪くもまさに「わざわざそのためだけに訪れる店」に思えます。 個人的には、普段使いには馴染まないので、リピートできるかと自問すると難しいと言わざるをえないですが、今後の進化に期待しつつ、またいつかこの味が恋しくなったときに訪問してみたいです。 #つけ麺 #ラーメン

3.6
わんたん入り醤油らぁ麺(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(2)

  • hideyuki_asaka
    hideyuki_asaka

    カリスマと呼び声高い、神奈川淡麗の名店・飯田商店で修行し、飯田氏の右肩だった方の独立店が今年オープン。 高レベルなものを期待してしまいますが、そのハードルを優に超えるくらいの美味さでした。 スープはカエシのキレと良質な鶏と水の香り豊かな味わいが堪りません。 麺のしなやかな舌触り、小麦を感じられる後味、わんたんの手作りならではの滑らかさなど、どのパーツを取っても限りなく完璧に近いです。 朝早く地元を出た甲斐がありました! とても美味しかったです! #淡麗 #醤油 #関東 #ラーメン

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円、かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円、醤油らぁ麺1100円、肉わんたん250円 #サイドメニュー #ラーメン屋のサイドメニュー #わんたん #雲呑 #ワンタン麺 #ワンタンメン #雲呑麺 #ラーメン #しょうゆラーメン #醤油ラーメン

3.4
担々麺(担々麺 杉山 (スギヤマ))
今日定休日
河辺駅から1.90km
東京都青梅市今寺4-5-24

レビュー一覧(4)

  • harumi
    harumi

    メニューは一つのみ!ゴマの風味、そして濃厚な海老のスープは絶品。

  • marichan
    marichan

    海老の出汁がきいてて美味しかった。甘めのスープなので辣油トッピングして良かった☆ #担々麺

  • guruhi
    guruhi

    遠くまで遠征しても大満足。海老の旨味がこれでもかというくらい凝縮された担々麺。 #担々麺 #痺れ

3.4
いくら丼(きくや (喜九家))
ランチ
今日11:30~14:30
小作駅から1.91km
東京都青梅市今寺5-18-49

レビュー一覧(1)

  • oyabun
    oyabun

    こちらはイクラ丼。 綺麗な色合いのイクラがご飯の上にたっぷり。 400円という価格を考えるとかなりお手頃だと思います。 食べてみるとプチっと中から旨味が出てきてご飯が進む進む。 #いくら丼 #丼もの #いくら

3.3
醤油らぁ麺(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(4)

  • kazutan0264
    kazutan0264

    オープンは2021年2月28日。店主・渡邊氏は、『麺尊RAGE』を経て、日本を代表する実力店『飯田商店』で修業し独立。注文の「醤油らぁ麺」は、キリリと風味を立たせたカエシのうま味と、出汁&油から放散される鶏の滋味が、舌上で縦横無尽に交叉し食べ手を魅了するスープが好印象。トッピングの完成度も高い。特にチャーシューは激ウマで、更なる伸びしろを感じさせてくれる。#ラーメン

  • tsurumi
    tsurumi

    鶏の出汁と油、香ばしい醤油の香りが立ち上って融合したかのような、自分の記憶にない、新しくも食欲をそそる風味にびっくり。予想より和風なテイストを感じながら、箸とレンゲを駆使していくと、みつ葉と春菊が具になってるじゃありませんか! 香りに特徴あるふたつの香草をラーメンに使用している店は非常に少ないですよね。使うからには良い素材選びと安定した調理が伴わないと、ただただクセの強い品になるはず。もちろん、FeeLさんはバッチリ旨し! スープの香りと春菊&みつ葉の風味の妙。ほど良い和風感の秘密かもしれません。 小鳥のさえずりを耳にしつつ、朝7時配布の整理券に並ぶのもオツなもんです。

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円、かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円、醤油らぁ麺1100円、肉わんたん250円 #ワンタン麺 #ワンタンメン #雲呑麺 #ラーメン #醤油ラーメン #しょうゆラーメン

3.3
かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(2)

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeL かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円 #サイドメニュー #ラーメン屋のサイドメニュー #丼もの #ごはん #たまごかけごはん #卵かけご飯

  • oyabun
    oyabun

    またこちらが卵かけご飯。 最近海苔の佃煮が大好きなので これもめっちゃ旨い、 卵黄にもよくあっていて佃煮の塩味だけで十分な美味しさでした。 #ごはん #丼もの #佃煮 #玉子かけごはん

3.2
くるみそば(紅葉屋 )
ランチ
今日10:00~17:00
御嶽駅から3.38km
東京都青梅市御岳山151

レビュー一覧(3)

  • sabc19904
    sabc19904

    #東京 #御岳山 #奥多摩 #うどん #くるみうどん

  • great_beet_vp8
    great_beet_vp8

    東京にある大自然を満喫しに標高929mの御岳山へ。頂上には武蔵御嶽神社が鎮座し、古くから山岳信仰の霊場として発展してきた歴史があります。 山頂近くの小さな商店街に蕎麦屋があります。まさに山小屋というべき木の温もりのある店内で落ち着きます。 名物という「くるみそば」は、つけ汁はザラつきもなく、想像したほど濃厚過ぎずにクリーミー。出汁とのバランスもよく、これはクセになる美味しさ。 水が美味しいからか、自家製粉手打ちのそばもとても美味しいです。 このつけ汁で割った蕎麦湯も味わい深いです。 大自然から癒しとパワーをもらいました。 #そば#くるみ

3.2
あえ麺(きくや (喜九家))
ランチ
今日11:30~14:30
小作駅から1.91km
東京都青梅市今寺5-18-49

レビュー一覧(1)

  • oyabun
    oyabun

    麺が美味しかったこともあってあえ玉も注文。 こちらは細麺でタレ、刻みチャーシュー、ネギが絡められています。 全体を混ぜて混ぜそばのままで食べてもよいし、 つけ汁につけて食べても美味しかったです。 これまで食べきってつけ汁は昆布水と混ぜて飲み切りました。 #あえそば #まぜそば

3.2
海老トマトつけ麺(らーめん いつ樹 本店)
ランチ
今日不明
小作駅から2.04km
東京都青梅市新町9-2211

レビュー一覧(5)

  • oyabun
    oyabun

    ふらっと青梅市。 もう一軒ブックマークしていたお店に訪問。 お店の名前はらーめんいつ樹本店。 お店の前に大きめの駐車場があるのでそちらに止めることができました。 まずは券売機で食券を購入します。 こちらは鯛塩ラーメンや海老つけ麺が提供されています。 この時は海老トマトつけ麺なるものがあったので今回はそれをいただくことに。 店内はしっかりとコロナ対策がされていて カウンターとテーブル席がありました。 今回はカウンター席に案内されました。 しばらくたって提供されたのがこちら。 おー、バケット、トマト、バジルソースが添えられていて洋風なビジュアルです。 極太麵につけ汁がよく絡みそうですな。 いろいろ限定なども提供されてるし、 鯛塩ラーメンも食べてみたいと思わせるお店でした。 #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    ドボンとつけ汁につけてすすってみます。 こちらの麺は四角にカットされた全粒粉の極太麺です。 もっちり感のある歯ごたえですすり心地も良好。 バジルソースを絡めて食べても美味しいな♪ #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    つけ汁はしっかりとエビの風味が残りつつ、 トマトの清涼感がかんじられる美味しい味わいです。 夏にはさっぱりと食べられるんじゃないかなー。 バケットを浸して食べても美味しいし王道ではないけど こういうつけ汁もいいと思います。 #つけ麺

3.2
イベリコ豚と葱と生姜あっさり和風つけ麺(きくや (喜九家))
ランチ
今日11:30~14:30
小作駅から1.91km
東京都青梅市今寺5-18-49

レビュー一覧(3)

  • oyabun
    oyabun

    ふらっと青梅市。 ブックマークしていたラーメン屋に訪問してみました。 お店の名前は㐂九家(きくや) お店の前に5台ほど駐車場がありました。 菅野製麺所の看板が入口に置いてあります。 この製麺所結構いろんなところで見ますなー。 券売機にはその日のおすすめが写真とともに貼られています。 今回はイベリコ豚と葱と生姜あっさり和風つけ麺、イクラ丼をチョイス。 本日のおすすめ!って書かれてたし気になりますな。 店内はカウンターとテーブルで20席くらいかな。 私はカウンターに案内されてしばし待ちます。 卓上には宮崎美子さんのフォトブックが置かれてました。 ファンなんやろうか??? さて、料理が提供されました。 確かにビジュアルは和風って感じやねー。 しょうゆベースのつけ汁は清湯で三つ葉がたくさん入ってます。 麺の上には豚バラ、カイワレ、ネギ、刻み生姜。 瞬殺で食べ終わりました。 他のラーメンも気になるし、 限定をいろいろされるようなので近場にあってほしいなと思うお店でした。 #東京都  #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    麺は全粒粉の平打ち麺です。 どぼっとつけ汁につけてすすってみると プリッと感があってこの麺すごく美味しいです。 麺のした昆布水が入っていてこれがつけ汁に絡むのかな。 #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    つけ汁は和出汁という感じできりっとした醤油の効いた味わいに 昆布水や豚バラ肉をつけると脂身からでた旨味が加わってさらに美味しくなります。 刻んだ生姜もいいアクセントになっていて 飽きることなく麺をすすることができます。 #つけ麺

3.2
肉わんたん(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(1)

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円、かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円、醤油らぁ麺1100円、肉わんたん250円 #サイドメニュー #ラーメン屋のサイドメニュー #わんたん #雲呑 #ワンタン麺 #ワンタンメン #雲呑麺

3.2
氷小豆(紅梅苑 (こうばいえん))
ランチ
今日09:30~17:00
日向和田駅から342m
東京都青梅市梅郷3-905-1

レビュー一覧(1)

  • oyabun
    oyabun

    いつぞやの。 青梅市で美味しいラーメンを食べるまで時間があったので 甘味処でかき氷を食べることにしました。 お店の名前は紅梅苑。 お店の横に専用駐車場があるのでそちらに止めて訪問。 古民家を活用しているようで 雰囲気はいいお店ですなー。 入口に看板があったけど青梅スイーツってのが人気みたい。 そちらも気になったけど今回は氷小豆を注文。 しばらくたって提供されたのがこちら。 おー、氷の色合いも小豆っぽい。 シロップがたっぷりかけられてるようやね。 実際に食べてみると氷はふわっとした削り方でいい感じ。 上にのった小豆は甘すぎずちょうどいい甘さです。 さすが老舗の甘味処でしょうか♪ 頭が痛くなることもなく瞬殺で食べ終わりました。 これはお汁粉とか最中も食べてみたいところやったなー。 また近場に来たら訪問してみたいと思います。 #かき氷

3.2
チャーシュー入り(麺楽 (つけそばや・めんらく))
ランチ
今日11:30~14:30,17:00~20:00
河辺駅から873m
東京都青梅市野上町2-3-8

レビュー一覧(3)

  • oyabun
    oyabun

    青梅市に気になるつけそば屋があったので訪問してみました。 お店の名前はつけそば屋麺楽。 店の前に駐車場があり入店。 こちらはつけそばの専門店とのことで具材を選ぶのと、ご飯ものが選べるようになってました。 今回はチャーシュー入りを注文。 提供されたのをみると、つけ汁にはたっぷりの具材が入ってます。 チャーシューは平たいのと、刻んだのがたくさん、メンマ、ネギ。 プリッとした感じの麺が美味そうです。 ドボっとつけ汁につけて啜ってみると ツヤツヤの麺は多加水タイプでプリプリ、喉越し良好な麺です。 甘辛酸のつけ汁との相性はよくて美味しいです。 つけ汁は辛がやや前面かなって印象でした。 食べているとほんのり汗ばんできたかな。 これは調整ができるそうなので甘味が強めなどお願いできるようでした。 具材のチャーシューはしっとりと出汁につけて麺と一緒に食べると美味い。 麺を食べ終わるとちゃんと割りスープも出してくれます。 和出汁で割ったスープは非常に飲みやすく、 ちゃんと飲んでここは食べ終わると言えるかなって思いました。   何やら懐かしさも感じる美味しいつけそばでした。 #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    つけ汁は辛がやや前面かなって印象でした。 食べているとほんのり汗ばんできたかな。 これは調整ができるそうなので甘味が強めなどお願いできるようでした。 具材のチャーシューはしっとりと出汁につけて麺と一緒に食べると美味い。 #つけ麺

  • oyabun
    oyabun

    ツヤツヤの麺は多加水タイプでプリプリ、喉越し良好な麺です。 甘辛酸のつけ汁との相性はよくて美味しいです。 こちらは丸長系かな?

3.2
店舗外観(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(2)

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円、かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円、醤油らぁ麺1100円、肉わんたん250円 美味い。この時はスープ割りが無かったのでお冷で割ってさっぱりと完飲。 #店舗外観

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都) FeeLつけ麺(醤油味)1350円、出汁卵100円、かわなべ鶏卵の卵かけご飯海苔の佃煮添え380円、醤油らぁ麺1100円、肉わんたん250円 美味い。この時はスープ割りが無かったのでお冷で割ってさっぱりと完飲。 #店舗外観

3.2
チャーシュー麺、生卵(河辺大勝軒 )
ランチ
今日11:00~16:00,17:30~20:00
河辺駅から608m
東京都青梅市師岡町3-19-18 102

レビュー一覧(1)

  • oyabun
    oyabun

    この日はふらっと永福町系大勝軒巡り。 河辺大勝軒へ訪問してみました。 場所は青梅市にあってなかなかの遠方でした。 お店について今回はチャーシュー麺、生卵を注文。提供されたのをみるとこれぞ永福町系というビジュアルです。 ボリュームあってたっぷりのスープが美味そうです。 スープは煮干しの効いたしっかりとした味わい。 これごくごくと飲みたくなって美味いな〜。 途中で卵をといてもまろやかさが加わってこれまた好き。 麺は柔らかい茹で加減だけどこれでオッケー。 勢いよく啜り込んでチャーシューやスープと一緒にあじわいます。 量は並で300gやったかな。 チャーシューは赤身でややパサっぽさもあったけどスープにしっかりと浸していただきました。 スープまで飲むとほんと腹一杯になります。 まだまだ永福町系のお店はあるので食べ歩きたいと思います。 #ラーメン #醤油ラーメン

3.2
炙り肩ロース焼き豚(Ramen FeeL)
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(1)

  • great_beet_vp8
    great_beet_vp8

    サイドメニューの炙り肩ロース焼き豚。 ラーメン、つけ麺にデフォで入っているチャーシューとは異なる調理法とのこと。 肉厚は1センチ近くあり、タレに浸して香ばしく炙られています。中華街でよくある赤チャーシューのような味わいで美味しいです。 #チャーシュー #焼豚

3.1
日替わりおにぎり(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(1)

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都青梅市) わんたん入り塩らぁ麺1400円 日替わりおにぎり300円 (和牛の佃煮おにぎり) 2021/04訪問。 日曜朝5:15整理券待ち先2人。6:50前倒しで整理券配布。自分達までで10:50集合のロット終了。この日は8時台で80杯分配布終了。 店頭に10:50集合すると、11時開店までの間にメニューブックを持ってスタッフが注文を聞きに来る。発注後順次入店。カウンター5席、テーブル4人×3席。お盆がセットされている席へナビ。 15分後提供。 クリアで地味深いスープ。黄金色の鶏油。 しっかり茹で上げられた伸びない風味の良い麺、しなやかで長い麺線。 トップには、白髪ネギの上に飾り盛られた皮を香ばしく炙った鶏肉。肉質と香り、旨味を楽しめて個性的。 その上に白髪切のエシャロットと焦がしねぎ、一番上に散らした青ネギがさわやか。 下には、煮豚スライス2枚、かぶ。 かぶは珍しい。食感のアクセントとしてのアイテムだろうか。 わんたんは、塩にはえび、醤油には肉わんたんが乗る。別皿発注も可能。別皿だと少量のスープに浸しての提供になり若干お得な気分がする。 大きなえびわんたん2個、すり身でえび風味がする。尾の部分はひらひらで、滑らかな喉越しを楽しめた。 今日のおにぎり(日替わりおにぎり)は、やや遅れて提供される。 この日は和牛の佃煮おにぎりだった。じんわりと染み出す旨みが適度の圧力でにぎられた米に馴染むと美味い。海苔も極上。 そのほか、塩にぎり100円もチョイスできた。 この日はお目当ての一つだった焼売が提供されておらず残念だった。 自分を見つめ直す?ために敢えてのメニューを絞った営業のようだ。(ソース:公式Twitter) 風味付けや味変など、「店の押し」に関してまだ消極的な気もしたが、さすが一番弟子と言われる方、個性も出しつつ、湯河原継承の至極の味わいを創造していらした。美味かった。 少し早く家を出れば良いだけなので、また来てみたい。 #おにぎり #ラーメン屋のサイドメニュー #サイドメニュー #丼もの

3.1
ニューギニカレー(激辛)(カフェ・ニューギニ (Cafe Niugini【旧店名】パラダイスカフェヴォラヴォラ))

レビュー一覧(1)

  • shimajiro401
    shimajiro401

    日本唯一のパプアニューギニア料理を出す本格的石臼挽き手打ち蕎麦処でもあるこちらのお店ですが‥、スパイスを使わないパプアニューギニア料理の反動から産まれた本格的激辛カレーがこちら。 カシミールに似た黒褐色のルーは、激辛でありながら奥ゆかしい味わい。電車を乗り継いで青梅まで行く価値あるカレーです、

3.1
わんたん入り塩らぁ麺(Ramen FeeL)
ランチ
今日不明
日向和田駅から699m
東京都青梅市梅郷4丁目695-1

レビュー一覧(4)

  • tkz_mothrahead
    tkz_mothrahead

    Ramen FeeL@日向和田(東京都青梅市) わんたん入り塩らぁ麺1400円 日替わりおにぎり300円 (和牛の佃煮おにぎり) 2021/04訪問。 日曜朝5:15整理券待ち先2人。6:50前倒しで整理券配布。自分達までで10:50集合のロット終了。この日は8時台で80杯分配布終了。 店頭に10:50集合すると、11時開店までの間にメニューブックを持ってスタッフが注文を聞きに来る。発注後順次入店。カウンター5席、テーブル4人×3席。お盆がセットされている席へナビ。 15分後提供。 クリアで地味深いスープ。黄金色の鶏油。 しっかり茹で上げられた伸びない風味の良い麺、しなやかで長い麺線。 トップには、白髪ネギの上に飾り盛られた皮を香ばしく炙った鶏肉。肉質と香り、旨味を楽しめて個性的。 その上に白髪切のエシャロットと焦がしねぎ、一番上に散らした青ネギがさわやか。 下には、煮豚スライス2枚、かぶ。 かぶは珍しい。食感のアクセントとしてのアイテムだろうか。 わんたんは、塩にはえび、醤油には肉わんたんが乗る。別皿発注も可能。別皿だと少量のスープに浸しての提供になり若干お得な気分がする。 大きなえびわんたん2個、すり身でえび風味がする。尾の部分はひらひらで、滑らかな喉越しを楽しめた。 今日のおにぎり(日替わりおにぎり)は、やや遅れて提供される。 この日は和牛の佃煮おにぎりだった。じんわりと染み出す旨みが適度の圧力でにぎられた米に馴染むと美味い。海苔も極上。 そのほか、塩にぎり100円もチョイスできた。 この日はお目当ての一つだった焼売が提供されておらず残念だった。 自分を見つめ直す?ために敢えてのメニューを絞った営業のようだ。(ソース:公式Twitter) 風味付けや味変など、「店の押し」に関してまだ消極的な気もしたが、さすが一番弟子と言われる方、個性も出しつつ、湯河原継承の至極の味わいを創造していらした。美味かった。 少し早く家を出れば良いだけなので、また来てみたい。

  • kazutan0264
    kazutan0264

    引き続き「わんたん入り塩らぁ麺」を実食。こちらも、鶏を軸としたスープと鶏油にタレを合わせた構成だが、味わいの方向性は随分異なる。芳醇な鶏油の存在感が、醤油にも増して際立つ構成だ。麺は、醤油よりやや細い繊細な柔茹でストレート。こちらも「醤油」と同様、肉が美味いが、敢えて課題を申し上げれば、麺とスープの相性には改善の余地があるかも知れない。#ラーメン

  • tsurumi
    tsurumi

    着丼した瞬間、やや黄色い表面から鶏油が香ります。鶏の風味がキャラ付けするスープですが、強く主張するわけではなく、かなり淡く、全体に超淡麗と言っていいでしょう。乾物出汁が旨味をふくよかにしていますが、意識しないと知覚できないほど優しい味。そのため、ぷりっぷりなエビわんたん、具としてはめずらしいカブ、香ばしい鶏肉といった数々の具材が引き立ち、まるで和食懐石の汁椀物+麺+小皿料理が丼内で一体化しているかのようです。