投稿する

上板橋駅のつけ麺の人気おすすめランキング

メニューの口コミ投稿数日本最大級のグルメサイトSARAH[サラ]。SARAHではメニュージャンルごとにレストランを検索することができます。
こちらは上板橋周辺で食べられるつけ麺の人気ランキングページです。
上板橋周辺では8件のつけ麺が見つかりました。
上板橋周辺では、バラそば屋 上板橋店のつけ麺や魂の中華そば の特製ざるらーめんなどが人気のメニューです。
8件のみんなの口コミを参考に、ぜひ食べたいつけ麺を見つけてください!

3.1
つけ麺(バラそば屋 上板橋店)
ランチ
今日不明
上板橋駅から28m

レビュー一覧(2)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    つけ麺戴きました。 麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある「玉」グループの自家製麵で、中太でもやや細身かかった感じなのでとても喉ごしが良くつけ麺にはうってつけの啜り易い好みのタイプの平打麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、中盛300gも同一価格です)。 つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無いセメント色したニボニボ系ではない鰹中心の魚介と鶏出汁を合わせた魚介醤油味で、透明感のある清湯系とは違った濁身のある動物系を合わせることによって少しの濃厚が感じられる魚介風味豊かなつけ汁に仕上がっています。 具はこげ茶色したメンマ5・6本と巻き巻きバラ叉焼1枚とナルト1枚と海苔1枚と長葱がつけ汁に入れられています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌に魚粉が斑点の様につけ汁と共に絡み付きズル・ズルズルズルっとテンポよく啜れました。 スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ魚粉も追加され、プラスチック製の白い蓮華で魚介風味満載のスープ割を美味しく戴きました。 グランドオープンしてから約半年、毎日の様にお店の前を通っていましたが「つけ麺」のポスターが2・3日前に掲げられやっとの思いで戴くことができました。 店内は清潔感があり女性店員の美人度も高く、リピートしてもいい感じでした。 つけ麺ポスターはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9124211.html

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    つけ麺戴きました。 麺は丸中細ストレートの手櫛で綺麗に整え揃えられた「玉」グループの自家製麵(前回は、平打中太ストレート麺)で、半年余りで麺が変わっていたとは知れず前回の平打麺が恋しくなるも啜り易い喉ごしも心地良い麺です(麺量:茹で前200gで腹6.5分目といったところで、中盛300gも同一価格で、丸中細麺なら大盛がお薦めです<今回は失敗>)。 つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感アリの魚介醤油味で、前回がオイリー感が無かったのに対し意外とコテコテしているので自分で選択した今日の「つけ麺」に悔いが残ります。 具はシャキコリ感があるこげ茶色したメンマ5・6本と太短冊切されたバラ叉焼4・5本(前回は、巻きバラ叉焼1枚)とナルト1枚と海苔1枚(前回の半分になってしまった)と長葱がつけ汁に入れられています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、正直この中細麺とオイリー感のあるつけ汁は相性が整うはずがなく啜りました。 スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながらスープ割を戴きました。 約7ヵ月ぶりに伺いましたが、綺麗なお姉さんも姿が見えずお昼の12時をまわっていましたが客足はトボトボでした。 前回の麺はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9241807.html

3.1
特製ざるらーめん(魂の中華そば )
ランチ
今日定休日
上板橋駅から120m
東京都板橋区上板橋1-25-10

レビュー一覧(1)

  • ramentabete
    ramentabete

    魂の中華そば@上板橋 特製ざるらーめん+サッポロ赤星 夏の「ざる中華」見事なり! ノスタルジー質感がかえって斬新 濃密な醤油清湯にリングイネのような麺がベスト 旨し!なので詠います!    うだる陽に    暑さ揺らめく    商店街    魂こもる    質実ざる中 ご馳走様でした! #ざる中華 #つけ麺 #ラーメン #魂の中華そば #上板橋 #らーめん #板橋区 #拉麺 #冷やしラーメン #最高かよ #サッポロラガービール #サッポロ赤星

3.1
つけ麺(安ざわ食堂)
ランチ
今日不明
上板橋駅から460m

レビュー一覧(1)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    つけ麺戴きました。 麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある新潟県は阿賀野産の小麦粉を使用しているかは分かりませんが、気持ち多加水な感じが喉ごしを爽快に楽しませてくれる好みのタイプの平打麺です(麺量:茹で前300g位でお腹一杯で少し残してしまいました)。 つけ汁は酸味と辛味と粘度が無い背脂のオイリー感アリな清湯系醤油味で、背脂が多い分オイリー気味にはなりますが、それよりも表面に背脂と共に覆っている岩のりの塩味(エンミ)が溶け出しカエシの塩味とは違った塩辛い醤油味に仕上がっています。 具はメンマ6・7枚と短冊切バラ叉焼沢山と微塵玉葱が岩のりと背脂の蓋の下に隠されています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、色白の麺肌に黒い岩のりがつけ汁と共に絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。 スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、木製の赤い蓮華で表面に漂う玉葱や岩のりを掬いながら戴きました。 お店は上板橋駅から少し離れた以前もご当地ラーメン店だった場所に佇んでいて、テーブル席中心の店内の為か家族連れのお客さんが多く来店していました。 ショップカードはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9111542.html

3.1
冷し五目味噌タンメン(蒙古タンメン中本 上板橋本店 (もうこたんめんなかもと))
今日11:00~00:00
上板橋駅から39m
東京都板橋区常盤台4-33-3-201 浅香ビル 2F

レビュー一覧(1)

  • khokula
    khokula

    年始一発目の営業に合わせ本店へ。 メニュー名に「冷し」とあるが、麺が少し冷たいだけでつけ汁は熱い。辛さもあるので身体はポカポカ。 相変わらず具だくさんのつけ汁で満足。 辛さ🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥

3.0
つけ麺(東京ラーメン 大番くっく)
ランチ
今日不明
上板橋駅から396m
東京都板橋区桜川3-13-10

レビュー一覧(5)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    つけ麺戴きました。 麺は角中細ウェーブのエッジに尖りのある大番グループの工場で製造されたおそらく自家製麺で、茹で後にサラッと水道水を通したまだヌメリが残った食感が喉ごしを楽しませてくれる多加水タイプで、スルっと啜れ胃に落ちて行きます(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。 つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い本日は濁味のあまりない優しいうっすら東京豚骨醤油で、白濁が無い臭み無しにカエシを合わせた東京豚骨という名にふさわしいつけ汁に仕上がっています。 具はメンマ5・6本と端っこ中心に切り落とされた肩ロース叉焼5・6個とモヤシとワカメと長葱がつけ汁の中にギュウギュウにいつも通り押し込まれています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、本日のヌメリ付き細麺にシャバ系つけ汁がサラッと絡みツルツルっと満足できる喉ごしを楽しみました。 スープ割は配膳時に小さい銀色やかんに少し半白濁した臭みの無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を美味しく戴きました。 いつもながらあっさり軽く戴け昼飲み中の空腹を満たしてくれました。 でも、いつの間にかに値上げしてたのですね。 小さい銀色やかんはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8964757.html

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    約3か月ぶりに伺い、つけ麺戴きました。 麺は角中細ウェーブのエッジに尖りのある大番グループの工場で製造されたおそらく自家製麺で、今回はヌメリが残らずに気持ち硬茹でされた麺が喉ごしを楽しませてくれて弱った胃に優しく落ちて行きます(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。 つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い濁味のあまりない優しいうっすら東京豚骨醤油で、今回はカエシが弱めなつけ汁に仕上がっています。 具は硬めなメンマ5・6本と端っこ中心に切り落とされた肩ロース叉焼5・6個とモヤシとワカメと長葱がつけ汁の中にギュウギュウにいつも通り押し込まれています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、カエシ弱めなシャバ系つけ汁がサラッと絡みツルツルっと喉ごしを楽しみました。 スープ割は配膳時に年季の入った小さい銀色やかんに少し半白濁した臭みの無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を美味しく戴きました。 いつもながらあっさり軽く戴け空腹を満たしてくれました。 こちらもよろしくです⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9022120.html

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    約9か月ぶりに伺い、つけ麺戴きました。 麺は角中細ウェーブのエッジに尖りのある大番グループのセンターキッチンで製造されたおそらく自家製麺で、今回はヌメリが残こった麺が喉ごしを楽しませてくれて「つけ麺」難民を救ってくれます(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。 つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな優しいうっすら東京豚骨醤油で、今回は豚骨よりもカエシが強めなつけ汁に仕上がっています。 具は硬めなメンマ7・8本と4枚にカットされた肩ロース叉焼1枚分とモヤシとワカメと長葱がつけ汁の中にギュウギュウにいつも通り押し込まれています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、カエシ強めなシャバ系つけ汁がサラッと絡みツルツルっと喉ごしを楽しみました。 スープ割は配膳時にピカピカな小さい銀色ヤカンに少し半白濁した臭みの無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を美味しく戴きました。 いつもながらあっさり軽く戴け空腹を満たしてくれました。 店内は家族連れやお一人様の初老の男女が抹茶ハイなど1杯飲りながらカウンター内のママさんと談笑していました。 ピカピカな小さいヤカンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9220309.html

3.0
濃厚魚介つけ麺(中盛)(横浜家系らーめん 希家 上板橋店)
ランチ
今日不明
上板橋駅から40m
東京都板橋区常盤台4-33-3

レビュー一覧(1)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    濃厚魚介つけ麺(中盛)戴きました。 麺は平打極太ウェーブのエッジに丸みを帯びたガッツリ系で、喉ごしや啜り心地を楽しむよりも麺自体の強靭な弾力の食感を噛み締めて味わうタイプの更に気持ち硬茹でされた凄麺です(麺量:茹で後350gで腹8分目といったところで、並盛300gから大盛400gも同一価格で、終日ライスは食べ放題です)。 つけ汁は酸味と辛味の無い粘度とオイリー感が弱アリな豚骨魚介で、料理名になっている「濃厚魚介」の魚介があまりにも感じ取れない豚骨が主張している背脂がポツポツ散らされているつけ汁に仕上がっています。 具は材木太メンマ2本と薄切り巻き巻きバラ叉焼1枚が麺の横に添えられ、青葱と柚子皮と魚粉がつけ汁に浮遊しています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極太麺に背脂と共につけ汁が絡み汁跳ねに注意しながらジュルっと軽く啜れました。 スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で青葱を追いかけながら戴けました。 お店は麦亭・まんだら屋・ちりめん亭・春樹など代々入れ代わった幾度となく訪れた場所に佇んでいて、今度は家系のお店なので定着してくれるといいですね。 食べ放題ライスはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8966801.html