投稿する

東京都のつけ麺(牛肉)のメニュー一覧

メニュー単位でレストランを探せるグルメサイトSARAH[サラ]。SARAHではメニューで使用されている素材・食材単位で検索することもできます。
こちらは東京都のつけ麺を牛肉で絞り込んだ検索結果ページです。
28件の該当メニューが見つかりました。
SARAHユーザーの投稿を参考に、28の中からとっておきのもつ鍋を見つけてください!

3.4
牛白湯つけそば(夏麺第9弾)(饗 くろ喜 (もてなし くろき/饗 くろ㐂))
ディナー
今日11:30~15:00,18:00~21:00
浅草橋駅から420m
東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F

レビュー一覧(1)

  • ramen
    ramen

    終了している限定投稿ごめんなさいm(__)m 牛白湯のつけ汁は非常にパワフルで濃厚な味わい。牛と脂の甘みが出ていて凄く美味しいです。濃厚ながらクドさは無く上品に仕上げてあるのは流石くろ㐂さん。 麺は全粒粉50%配合との事。茶色の麺が配合の多さを証明。ややごわついた食感で蕎麦に近い感じの喉越し。赤いトマト昆布出汁と緑のクレソンオイルだけでも美味しく頂けますが本領を発揮するのはつけ汁と食べてから。濃厚な牛白湯のつけ汁に負けない強さでしっかり麺と小麦の美味しさを味わえました。 凄いですね〜この麺は美味しかった! 具材も豪華。つけ汁には焦がし葱、トロトロ牛スジと絶品ハチノス、染み染み大根も入ります。麺には青葱に茄子とキノコのトマト煮がオシャンティーにレンゲに添えられ、トドメはランイチのローストビーフ。モー美味くて昇天! 最後は残ったトマト昆布出汁を割りスープとして牛白湯にイン。モーこれも憎いぐらいに美味しくて仏の笑顔になりながら完食(^^) つけ汁、麺、具材どれも素晴らしく美味しかったくろ㐂クオリティーな一杯でした。 こちらも夏麺の定番として是非来年も食べたい一杯です! 今年も第9弾で夏麺終了との事ですが、今年も素晴らしい数々の一杯を食べる事ができて本当に良かったです(^^) 大将始めチームくろ㐂の皆さん本当にご馳走様でしたm(__)m あ〜夏が終わりますね。。。

3.2
牛ホルモンのつけ麺(つけ麺 ちっちょ極(きわめ))
今日不明
渋谷駅から729m
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビルB1A

レビュー一覧(3)

  • guruhi
    guruhi

    ホルモン好き、つけめん好きにはたまらない一品。スープにもホルモンの旨味が浸み込んでいるのに臭みは全くありません。ごろごろ入ってるホルモンもウマい!

  • user_70541370
    user_70541370

    ようやく行けた!! 魚介スープと牛ホルモンの脂が絡み合ってうまし! レモンも付いてるからあっさりにも変えて食べられます~

  • user_70541370
    user_70541370

    コラーゲン補給バッチリな美味しいラーメン♪ お休みの日に出かけた帰りに並んでいたらやめようと思って伺ったら、丁度良く開いていたので迷わず伺いました。 1週間分くらいのコラーゲンがとれた気がします☆

3.1
牛すじつけ麺(つけ麺や 辰盛 )
ランチ
今日11:00~15:00,17:00~23:00
高島平駅から132m
東京都板橋区高島平8-15-8 粕谷ビル1F

レビュー一覧(1)

  • mi_ka
    mi_ka

    ラーメン食べたい!となってつけ麺やに。 半チャーハンも、食べたくて麺小にしたけどそれでも多かった🍥 #ラーメン #つけ麺 #ランチ

3.1
牛骨つけ麺(麺屋 うしまる)
ランチ
今日不明
大山駅から574m
東京都板橋区西大山町54-12

レビュー一覧(1)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    牛骨つけ麺(味玉<雨の日サービス>メンマ<HPサービス>)戴きました。 麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたカネジン食品社製と思われ、短めなコシのある啜り甲斐があまりない、お茶漬け喰いスタイルで啜り込むと丁度いい喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところで、終日ご飯1杯<小140g中200g大300g>無料サービスです)。 つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感弱アリな粘度微アリな牛骨をベースに豚骨と大山鶏を丸1日じっくり煮込んだ牛骨白湯で、オイリー感はありますがコッテコテの牛脂系ではなく背脂系でもないのでクドさは感じられず、1杯戴いて丁度いいつけ汁に仕上がっています。 具はメンマは無く(全景撮影後メンマの乗せ忘れかも知れないので聞いてみたところデフォには無いとのこと、その後食事中にHPを見たとのことで材木太メンマ5本がサービスされる)、肩ロース叉焼2枚とホウレン草と海苔1枚とブラックペッパーが振り掛けられた長葱とサービス味玉1つが麺の上に乗っています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺が短いのでどうしてもお茶漬け喰いスタイルになってしまいズル・ズルズルっとやっとこ啜れました。 途中、卓上の胡瓜の漬物(着席したら冷蔵庫からカウンター上に置かれる)を箸休めでお口の中をサッパリさせてパリパリ戴きました。 スープ割はブーメラン方式に寸胴に入った熱々牛骨スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で長葱を掬いながらしつこさを感じないまま美味しく戴きました。 お店は以前伺ったことがある2度振られた「外宮」の跡地に佇んでいて内容も「牛骨」ということで(丼や蓮華も同じ)、牛骨に拘る店員さんが引き継いでオープンし模様です。 それにしても、ご飯は戴きませんでしたが味玉とメンマのサービスありがとうございました。 パリパリ胡瓜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9168716.html

3.0
牛肉入りつけ麺(蘭州ラーメン池袋 火焔山)
ランチ
今日不明
池袋駅から318m
東京都豊島区池袋2-47-7 フォーレセブンビル 1F

レビュー一覧(1)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    牛肉入りつけ麺戴きました。 麺は平打細ストレートのエッジに尖りがある注文を受けてから料理人が麺生地を引っ張って延ばして打つ自家製麵で、細麺の為どうしても麺同士のくっつきが気になりますが喉ごしは良く啜れる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。 つけ汁は酸味と粘度が無いオイリー感弱アリな辛味アリすぎな辣油の赤色が表面を大量に覆うベースの味が分からない代物で、清湯系スープと牛の香りが薄っすらと香るつけ汁に仕上がっています。 具はメンマ6・7本とパサパサ牛肉叉焼3枚と味玉半分とナルト2枚と大量の微塵玉葱と青葱と海苔5枚が麺に蓋をする様に飾られています。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺に底に沈殿しているつけ汁の味噌みたいな物が絡み付き頭皮や額から汗を拭き出しながらヒーヒーフーフーと啜れました。 辛いので2・3啜りした後、微塵玉葱と青葱を白い蓮華で投入すると玉葱の甘味が加わり何とか完食できました。 配膳時にスープが別途ある旨の説明を受けていたのでお願いすると半透明な熱々牛骨スープが提供され(私はダメでしたがパクチーも追加できるとのこと)辛味が充満した口内を洗浄し、プラスチック製の白い蓮華で自分好みに調整してスープ割して辛味を再度挑戦して戴きました。 店内はTVからの日本が聞こえるくらいで、他の会話は中国語が飛び交う異国情緒が楽しめるお店でした。 蘭州拉麺の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8988625.html

3.0
濃厚牛骨つけ麺(ブン ブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ (Bum Bun BLau Cafe with BeeHive))
今日12:00~15:00,18:00~23:00
中延駅から806m
東京都品川区旗の台3-12-3 J.BOX 2F

レビュー一覧(1)

  • honeyken
    honeyken

    いかにも濃そうなつけダレ 粘度は高め 斎藤いわく「とみ田の豚骨魚介を牛骨で作ったイメージ」だそうです 麺の上には、ピンクが美しいローストビーフ、アサイーの芽、海苔、クレソンといったトッピング 麺はこのつけ麺のために打った自家製麺 中太でモチモチしていて素晴らしい出来映え 汁無し坦々麺の麺も美味しかったですが、この麺は出色 牛骨だというので甘いものを想像していましたが、適度な塩分を感じる絶妙なつけダレにびっくり 麺が進みます トッピングも言うことなし このつけ麺、かなり完成度高いです

3.0
牛肉汁つけ麺(小盛)(951)
ランチ
今日不明
大久保駅から135m

レビュー一覧(2)

  • akabaiku_tomozo
    akabaiku_tomozo

    牛肉汁つけ麺(小盛)戴きました。 麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある中太でも若干細めのタイプで、啜り易く喉ごしも気持ちよく流れていくまさに「つけ麺」用に製麵された麺のようでつけめニスト冥利につきます(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところで、中盛240gと大盛300gは100円づつアップします)。 つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感弱アリな粘度微アリなこげ茶濁した牛肉系醤油味で、鰹や鰯などの魚介出汁は感じられず牛肉から溶け出した甘味と苦味が融合しつつ喧嘩しながらちょっと変わった牛骨スープとは違ったカエシの塩味(エンミ)が気になる風味にまとめられていました。 具はメンマ3枚と長葱と三つ葉の葉の部分1枚と牛肉(ベーコン型バラ肉1枚・牛丼の具みたいなペラペラ肉数枚・牛肉の塊1~2個)がつけ汁に沈んでいます。 麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌がこげ茶濁色に染め上げられズズ・ズズズっと軽快に汁跳ねに注意しながら啜れました。 途中、蓮華の上に乗っているトマトジュレを麺に絡めて戴いてみると、仄かな酸味が甘苦オイリーつけ汁に刺激を加え少しサッパリ啜れました。 スープ割はブーメラン方式に白湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でまだ下の方に隠れている牛肉を掬いながら戴きました。 お店はJR大久保駅南口改札からすぐ近くの以前からもラーメン店だった場所に佇んでいて、この前は「海老」でしたが今回は「牛」で勝負するみたいです。 トマトジュレはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9116617.html

  • coltsaa
    coltsaa

    つけ汁は牛を強く感じさせるドロッとした物で牛肉(ロースかな)がブロックでとスライスで浸かっていて嬉しい。 焼肉食べてるみたいな食感。 コリっとしたメンマ、ネギがさらにトッピングされて、麺は中太麺の部類であろうか割とモチモチな麺。レンゲにトマトのソースが 乗っていて、後半もに絡めて食べる。 最後はスープ割りで締める。 個人的にはなかなかお目にかかれないタイプのつけ麺だったが満足! ごちそうさまでした。